クリニックで低用量ピルの処方

欧米の女性と比べると日本の女性はピルを使用している方がとても少ないそうです。低用量ピルは産婦人科やレディースクリニックで処方してもらえますが、正しく服用するととても便利な物です。避妊の目的としてだけではなく、生理痛を軽減させる事ができたり、旅行の日程に被らないように生理をずらしたりする事もできます。そして子宮内膜症の症状の軽減の為に使われる事もあります。子宮内膜症の予防や進行を抑制する為、将来の不妊症の予防にも役立つと言われています。興味がある方は健診も兼ねてレディースクリニック等に行ってみるのも良いと思います。

低用量ピルの処方について

避妊目的の低用量ピルは、レディースクリニックで処方してもらうことができます。避妊目的以外にも、肌荒れや多毛、月経前症候群の不快な症状の改善などにも効果が期待できますので、該当する症状がある方は、受診をお勧めします。低用量ピルを使用することで、ホルモンバランスが一定になり、ホルモンのアンバランスによる肌荒れやその他不快な症状が改善されたり、望まない妊娠を防ぐことができます。どのレディースクリニックでも処方してもらうことができますが、取り扱っている種類が異なるケースがありますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

↑PAGE TOP